スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お手軽エモい作曲講座 サビ進行編 其の一 


    お久しぶりです。
    前回の記事から2年ちょっと経ってしまいました・・・


    前々からしたいなぁと思っていた講座系ブログをやってみたいと思います。

    題して、お手軽エモい作曲講座!

    エモ作曲初心者向けに、お手軽にエモい曲を作れるように
    いくつかパターンを紹介するようなあれをします。

    どこに需要があるのか、そんなことは考えません。

    この記事をみて、これからボカロPやってくぜーみたいな人たちの
    ちょっとでも参考になればなー、とそんな感じでございます。


    では早速・・・とその前に、以下の注意事項をお読みくださいませ。


    [注意事項]
    ・筆者は音楽理論は最低限しか知りません。ここで紹介しているものの全ては
     筆者の経験に基づくものであり、理論的に間違ってる部分も多々あるかと思いますが
     理論的に間違ってるとかはどうでもいいと思っておりますので、そういったご指摘はご勘弁ください。

    ・「エモい」「エモくない」は人それぞれの感覚に大きく左右されます。
     ここでは筆者が「エモい」と思ったものを紹介しているので、
     エモくないと思われても、エモくない!などのご指摘はご勘弁ください。

    ・筆者はいわゆるポストハードコアやメタルコアなどを主に作曲しております。
     ここで紹介するパターンはその辺で使われるものがほとんどですので、
     ポップスやジャズなどには使えないものかと思われます。

    ・パターンはギターとドラムと歌メロをシンセで表します。
     ギターは簡単なコードと運指は載せますが、譜面作成のご依頼はご勘弁ください。

    ・チューニングはドロップBにしてるので、キーは大体Bmです。



    はい、そんな感じでよろしくお願いします。

    では紹介といきましょうか。

    今回はサビ進行編です。イントロではなくサビ。
    イントロは正直サビよりも多種多様でパターンというより
    リフのかっこよさとかになってくるので、今後時間があればやりたいと思います。

    まずはサビをお手軽に作っていきましょう。
    ってことで、一発目なのでベタベタなこれを紹介します。




    はい、いかがでしょうか。
    普段エモいジャンルを聴いてる人はどっかで聴いたことあると思います。
    そしてエモいジャンルを作曲してる人は1回は使ったことある進行だと思います。

    簡単に解説しますと、

    BPM:140
    コード進行:G → Bm → G → Bm
    運指:6弦5弦4弦を8フレットでG 6弦5弦4弦を開放弦でBm
    ドラム:キック8分音符ドコドコ、スネア3拍目、シンバル4分音符
    です。


    これに適当な歌メロを載せると、なんとなくエモいサビが作れます。




    いかがでしょうか。

    とりあえずサビ進行としてはこれそのままでも使えそうですよね。


    でもこれだけではなんのひねりもないので、更にエモ度数を上げたいと思います。

    そんなときに僕がよく使うのは、

    「ナインスを使う!」です。

    理論を知らない人でも大丈夫、僕も知りません。
    今から紹介するギターコードの押さえ方がナインスだとどっかの本に書いてたので
    そのまま使ってるだけです。ほんとの名称はなんでもいいです。


    4弦 ----8------
    5弦 ----8------
    6弦 ----8------

    ↑が今回のパターン1小節目、Gのパワーコードですがこれを・・・


    4弦 ---10------
    5弦 ----8------
    6弦 ----8------

    こうします。

    MIDIで表すと、

    sabi01_2.png


    つまり、一番上の音を音階一つ上げてやります。
    コード構成音としては、ルート、5度、9度となって、9度の音が出るのでナインス・・・とのことです。

    とりあえず音を聴いてみましょう。ギターやシンセ持ってる人は弾いてみてください。




    どうでしょう、ちょっと響きが複雑になってエモくなったでしょ?

    え、わからない? ではサビ通して聴いてみましょう。





    どうですか、だいぶエモさアップしてませんかね。
    気づいた人もいると思いますが、コード進行も若干変えてまして、
    最後のBmをDに変えて、さらにナインスにしてます。(6弦から3f3f5f)
    これの方がしっくりきますね。


    ということで、今回はベタベタな展開 G → Bmと、通称ナインスの紹介でした。

    なるべく分かりやすく書いたつもりですが、
    分かりにくい所あればどんどん突っ込んでくださいませ。



    次回へつづく・・・



    ※作った後に気づきましたが、これ、BMTHのDrownに似てますねーw



    サビは1:01から
    スポンサーサイト

    Comment

    Add your comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。